ひきこもりカレンダーに関する書評データ
書評一覧

掲載誌 掲載号 評者 掲載ページ

東京新聞朝刊 2002年04月28日号 斎藤環 7ページ
読書日記より抜粋
 精神科医として、これまで十六年ほど「引きこもり」問題にかかわってきた。(略)  中でも私がもっとも驚かされたのは、ひきこもり当事者たちが意外なほど強い表現欲を持っていることだった。例えば勝山実の『ひきこもりカレンダー』(文春ネスコ)はひきこもり体験記としては最初期のものとして知られている。
 また近年出色の当事者としては上山和樹『「ひきこもり」だった僕から』(講談社)がある。勝山本のいくぶん露悪的なユーモアに抵抗のある方も、このきわめて真摯な、かつ知的な葛藤の軌跡には素直に打たれるだろう。さらに驚くべきは、早くも「ひきこもり作家」が登場してきたことだ。滝本竜彦『NHKにようこそ!』(角川書店)がそれである。(以下略)

小説現代 2002年04月号   58ページ
対談からの抜粋
森 (略)でいま、叱られたいとか指示されたいという、ある意味での幼形成熟がが日本に蔓延しているんじゃないかなって考えるんです。社会環境が悪いから幼形成熟してる。
雨宮 そういうことを次の小説に書いています。大人にならなくてもいい、最初からそれが免責されてるんじゃないかってことがテーマ。
森 モラトリアム期間としてではなく、成熟しなくていいということ?
雨宮 『ひきこもりカレンダー』(文春ネスコ)の勝山実さんってそうじゃないですか。自分のことを『専業子供』って言ってるんですよ。専業主婦もいるんだから専業子供もいていいって。実際、親は子供のままでずっとい続けてほしいように育てている。親の望みを叶えてあげるために、がんばった結果ひきこもり。それで専業子供って人なんですよ。
森 雨宮さんと共通点あるかな?
雨宮 すごい共感する。(以下略)

サンデー毎日 2001年06月03日号 中島義道 113ページ
 最近「ひきこもり」に関する本が目につくが、その中で勝山実の『ひきこりカレンダー』(文春ネスコ)はその実態をみごとと言えるほど正直に伝えている。高校三年生より二九歳になる今までひきこもり。第一章は「全部、親が悪い」という文章から始まる。ひきこもり体験のある私は、この出だしにまず喝采したい。親を今さら責めてもどうにもならないのだが、「親に土下座させたい」と語らざるをえないところに、引きこもる者の苦しみはある。親の期待に答えようと必死に努力した結果、外に出ることもできず、ひきこもりという陰湿なやり方で親に反抗することしかできなくなったのだ。
 「世間体を気にして人の目を気にして、嫌われないよう、仲間はずれにされないよう、それだけを気にして生きてきた。結果ひきこもりだ」
 まさにその通り。われわれは、この残酷な構図を直視しなければならない。(後略)

北海道新聞朝刊 2001年05月14日号   8ページ
 二十九歳の著者が、自らの十年以上の”ひきこもり人生”を、淡々と振り返る。
 母親の期待に答えようと、必死で勉強し、スポーツにも励み、いわゆる「いい高校」に合格。想像できるのは「いい学校」から「いい会社」へ、という決められた道だけ。その結果、「ボクは壊れて」しまう。高校入学後、不登校から留年、退学。引きこもり生活に入る。「いい子」の豹変ぶりに慌てふためく親の姿。幼児から受け続けた母親からの暴力。母に日記を盗み読みされ、心の秘密をもてず、精神的破綻してしまう苦しさ。そして影の薄い父親の存在。両親に対する屈折した思いが、次々に吐露されていく。
 これは全国で増加傾向にある「引きこもり」の一つの例に過ぎないが、会話調の軽いタッチの文章から浮かび上がってくるのは、社会が抱える重いひずみだ。

女性セブン 2001年04月12日号   103ページ
 引きこもりのことがクローズアップされている。ひきこもって10年、29才の著者が語り始めた。本書は生の声を映す一冊。
 <精神安定剤に抗うつ剤に睡眠薬。これら心のドーピング薬を飲みながら、激烈なる世間をボクは生きています。><ボクの人生は最悪だ。親の命令通り生きてきた。勉強しまくって生きてきた><ひきこもる。これが一番の戦い方だと思うんだ。>子供時代のことから、父母のこと、昨今の事件のことまで赤裸々に綴られる。巻末に精神科医との対談「本当に親が悪いのか?」を収録。多くのことを考えさせてくれる一冊である。 

読売新聞朝刊 2001年04月06日号   31ページ
十年引きこもり状態にある二十九歳の体験記が話題を呼んでいる。精神科医などが監修しない当事者の本は珍しく、「親が悪い」というストレートな主張に、「気持ちがわかる」「甘えている」と賛否両論を読んだ。本を紹介したインターネットの掲示板には若者や親世代から短期間で五百件以上の書き込みが殺到、引きこもりへ関心の高さがうかがえる。
 この本は今年二月に出版された「ひきこもりカレンダー」(文春ネスコ)。横浜市に住む著者の勝山実さんは(29)は小学校のころから「優等生」で、親の期待通りに難関の進学校に合格したが、「暗記中心の勉強で燃え尽きた」と、高校三年の時に不登校になった。以来、自宅に引きこもるようになり、アルバイトなどで何度か社会復帰を試みながら十年以上が過ぎた。
 引きこもった理由について勝山さんは本の中で、「すべて親のせい」と断じた。さらに、受験勉強や「いい子」であることを無理強いし、世間体を気にしてばかりの親だったと指摘、「他人の言いなりにお勉強に精を出したあげく人生がぽしゃってしまった」自分が稼いだ一万円も、親からもらった一万円も同じ」などと挑発的な表現で、引きこもり生活を日記風につづっている。(長すぎるので以下略)

朝日新聞朝刊 2001年03月04日号 赤坂真理(作家) 13ページ
 ひきこもりは「専業子供」。この逆転的テーゼには感服する。親達(たち)も学校も社会も、子供から自分で考える力を奪い、ひたすら狭いレールに乗るよう仕向けてきた。ならば今、専業子供を否定することが、どれほどの人にできるだろう?
 ある理想が、ひとつの具現をみたのに他(ほか)ならない。

毎日新聞朝刊 2001年03月04日号 (魚) 13ページ
 高校三年から不登校になり、そのまま十年余のひきこもり生活を送る。何度か社会復帰を試みるも、その度、挫折……。
 「ボクの心は家庭、学校、仕事とあらゆる場所で叩きのめされ、ほとんど修復不能状態でした」
 あいつぐ事件によって、ちょっとした社会問題になっているひきこもり。なんとなく、現代の病理といった括(くく)り方で片づけられてしまって、 はっきりいって、しっくりこない。しかし、この本は、徹頭徹尾、ひきこもり側の言い分(著者にとっての真実)を突きつけてくる。
 世間体ばかり気にしている教育熱心な中流家庭――親の過干渉と学校での疎外感によって、生きる意志をしだいに失い、「発狂寸前で泣きながら病院に駆け込む」までに追いつめられていく。その過程のどうにもならなさが、妙にリアルで、やりきれない。
 「世の中が嫌なら現実逃避もありだ。どうせ死ぬし。とりあえず今が楽しくなければ、明日も明後日もつまらなく、退屈で辛い日々なんだから」

週刊ダイヤモンド 2001年03月03日号   107ページ
 発売直後から反響が大きく、インターネットのホームページに読者からの意見が殺到。そこでの意見交換が自体が読み物と化している。自称「ひきこもり」の著者が綴った日記は、思春期の子供を持つ親にも役立つ。精神科医との公開対談も収録。

産経新聞朝刊 2001年02月27日号   28ページ
 現代の病理ともいうべき「ひきこもり」を始めて十年になる二十九歳の青年が語り始めた。「親が悪い」「子供たちの復讐(ふくしゅう)です」。幼少から虐待を受け続け、世間体を重視して勉強を強制した親を著者は憎む。そして現在に至るまでの過程や思いのたけをぶちまける。しかし、「親自身が好きなことをやってくれれば、子供はうれしいんです。その姿を見たいんです」と親への望みも。精神科医の斎藤環氏は「この本はひきこもりの治療にも役立つと思う」とも語っている。

朝日新聞朝刊 2001年02月20日号   21ページ
 十年ほどひきこもり状態にあるという二十九歳の著者が、親や社会への思いを率直に記した。著者は親から虐待を受けてきた、学歴偏重な生き方を強要されたと訴え、「親が悪い」「(親が)お金を出すなんて当たり前」と挑発的に書く。ひきこもりを治療すべし、という世論を批判し、「なおしてどうしようっいうんだよ。また受験戦争させるのか」と記す。
 開き直りとも挑戦的とも見られる言葉が並ぶ一方、不安定で傷つきやすい内面がのぞく。著者の主張や見解について、読者の賛否は分かれそうだが、現代の青年像を知る上で参考になる。

日経ビジネス 2001年02月12日号   150ページ
 高校3年から10年間にわたり、断続的に引きこもりを続けている著者が、引きこもり生活の現実をエッセイ風に描いた。
 引きこもりの原因は教育問題に集約されがちだが、著者は社会全体に問題があると主張する。社会の発展こそ、すべてを癒すという発展万能主義にとらわれすぎ、人間に早急に成長することばかりを求めていることが引きこもりを生む原因という。引きこもりをしている人を弱者と見るのは簡単だが、一番激しく社会と戦っているという著者の言葉には、痛烈な社会批判の意が込められている。

 
書評一覧完成とします。
発売から四年たちもう新しい書評が出ることもないでしょう。完成。2005/07/03(日)
FirefoxもしくはInternet Explorer 5.0以降でご覧ください